草刈りで車の鍵なくす(T_T)


スポンサーリンク

今回はやっちまった話です(笑) 年に数回、村の皆さんで集まって一斉に池とかの草刈りをやるんですが、その草刈り中に、ズボンのベルト通すとこにぶら下げてた愛車(ハイゼットカーゴ)のスマートキーを紛失してしまいました(T_T)

結構ツルが多いところで、草刈りしながら何度も刈払機に絡まったツルを手で外すんですが、その時の手の振りのアクションが大きいためか、たぶんそのときにツルが鍵に引っかかって、ツルと一緒にもぎ取ってしまったのではと思ってます。

草刈り作業が終わったあとに、現場に戻って1時間くらい草をかき分けながら探すも、やはり見つからず・・・。心配して様子を見に来てくださった村の区長さんが、車の保険にロードサービスついてない?と言ってくれたことで、その存在にようやく気づき(笑)、保険会社に電話したら、20分後くらいに提携業者さんが早速解錠しに来てくれました。

幸い、スペアのキーが車の中にあったので、そのままスペアキーでエンジンかけて帰宅。実は冗談のような話ですが、この日の朝、車を運転しながらふと「今日は厄日かも」って思ったんですよね、いや本当に(笑) ちょうど、ちょっとした良からぬことがあったので、嫌な予感がしたわけです。


スポンサーリンク

その通りにこんな事態になったわけですが、一方で人の優しさを感じることのできる1日にもなりました^^;
キーを探していたらいろんな方が声をかけてくれて、一緒に探してくれたりしたんですよね。僕が好きな言葉に「人間万事塞翁が馬」があるのですが、改めてそれを実感した気がします。一見悪いように見えることが起きても、長い目で見ると結果良かったってことがあったりするんですよね。

さて、無くしたのはスマートキーだったわけですが、ディーラーに電話して、もしスマートキーを作り直すとしたらいくらくらいかかるのか聞いてみました。ダイハツのスマートキーですが、キーに付属している数字記号が刻印された小さいプレートがあるかないかで値段が違うようで、今回は無くしたスマートキーにそのプレートもついていたのでその番号がわからず、結局17,000円強かかると言われました。番号がわかる場合は、車体のカバーを外して番号を確認する工賃がかからない分、ここから5,000円ほど安いようです。

スマートキー、あれば遠隔で開け閉めできて相当便利なんですが、さすがに17,000円強も支払うのはきついので、今後はスペアキー(普通のカギ)でしのごうと思います(T_T) まぁほとんどの農家さんは軽トラでスマートキーなんて使ってないでしょうし。。

今回の一件でスペアキー1本だけになってしまったので、念の為そのキーを使ってもう1つスペアキーを作っておきました。値段は550円。15分で完了。こんなに安くて早いものなんですね(汗)普段スペアキー作ることなんて無いので、ちょっとしたカルチャーショックでした。

ということで、どうでもいい失敗話でしたm(_ _)m


スポンサーリンク
 


スポンサーリンク