写真・動画データなどのクラウド保存を再検討。


スポンサーリンク

先日、下の記事で、Googleフォトの無料の容量無制限画像アップロードが来年終了するという悲報について触れました(T_T)

Googleフォト 無料の容量無制限ついに終了 その狙いは?
「Google先生、やるんですね?ついに、このタイミングで、やるんですね!?」 はい。やるそうです。Googleフォトの容量無制限(無料)の終了。Pixelユー…
labo.sinfonia-farm.com

ぎりぎり来年5月まで今のアカウントのGoogleフォトを使い続けるのもひとつですが、いろいろ考えあぐねた結果、現状とは別のアカウントを運用して、そのアカウントのGoogleフォト上に写真をアップロードしていくことにしました。

とはいえ、すべての写真をアップロードするわけではなく、ブログの記事(Wordpress)に表示する写真のみをアップロードする予定です。WEB用画像は解像度が低くてもいいのでかさばらず、無料15GBもあれば十分と判断。ちなみに、下の記事でも書いたように、ブログのWEBサーバー上に画像を格納しなくても、WEBページ上の写真はGoogleフォトにある写真を参照するように設定できるので、サーバーの容量を節約するという意味でもGoogleフォトはかかせません。

Googleフォト写真をブログ記事にすばやく貼る。
最近PCの前によく座っているいーたんです^^; 今回は、ブログ記事執筆をするうえでなかなか面倒な画像貼り付け作業について書いてみます。環境がWindows10の…
labo.sinfonia-farm.com

WEB用画像以外のスマホなどで撮影した写真は、いまプライム契約をしているAmazon Photosにあげようと思ってるんですが、Amazon Photosからブログへの画像リンクはやってみましたができませんでした。他になにか方法はあるかもですが。。

Amazonのプライム会員は、いまのところ年間4,900円支払う必要がありますが、配送料・お急ぎ便ほか音楽・映画などメリットが多いので、たぶんこの先も使うと思います。もしAmazonプライムの契約を打ち切ったりしてAmazon Photosを使わない状況になれば、Amazon PhotosのPC用アプリからこれまでにアップロードした画像を一括でPCローカルにDLできる(zipじゃなくそのままの画像ファイルで)のでまだ安心です。

ちなみに、Amazon Photosの画像アップロードは無圧縮なので、オリジナル画像を劣化なくそのままアップロードできます。一方、動画はプライム会員とはいえ合計5GBまで。最初、動画1本あたり5GBまで?と思いましたが、実際に動画をアップロードしてみたら、ちゃんと容量を食っておりましたw なので動画は期待できないですね。すぐにいっぱいになります。


スポンサーリンク

で、動画をどうするかも考えましたが、結論から言うと家にあったNAS(ネットワークHDD)を使うことに。父が前に使っていたものが余っているとのこと。たぶん、数TB空いてますが、がんがん動画編集やるとなると当然いつかはいっぱいになるわけで、みなさんどうされてるんでしょう。古いものから削除でしょうか?

最後に、各種クラウドサービスについて思うことについて。

考えすぎかもですが、ここ数年クラウドサービスをいろいろと幅広く使ってきて、あるいはメモアプリなどのデータストック型サービスを使っていて感じることがあります。それは、個人のデータ(思い出など)を企業に人質に取られてないか?ということ。

例えばGoogleフォトのように無料で無制限に写真をどんどんアップできても、そのサービスを継続するかどうか、有料化するか機能を制限するかなどは常に企業側が握っており、いつお上からのお達しがくるかわからずビクビク震えながら使わなきゃいけません(笑)

写真にせよ動画にせよ音声にせよ、データストック型のサービスでは膨大な量のデータを企業側のクラウドに置いている状況であるため、いざ有料化となってもその膨大なデータを今更ローカルに戻すのは簡単なことではないかと思います。となると、企業の思惑どおり?サブスク課金して使い続けることになります。サブスク課金の怖いところは、長いスパンで見ると肌感覚で感じているよりも多額の出費になる事が多いということです。月にコーヒー3杯分と言われるとお得そうですが、塵も積もれば・・・orz

憶測ですが、特に巨大な多国籍企業ほど意図的に「無料」によってシェアを拡大して、頭数が揃ったところで有料化することで後に引き返せないような状況を作り出しているのだと思っています。

iPhoneの純正カメラアプリでMAX高解像度の写真しか撮れない(技術的には低解像度モードを用意するのは簡単なはず)のも、これと関係しているのでは?と疑ってしまいます。AppleにはiCloudというクラウドサービスがありますので。。

以上、とかいいつつもクラウドサービスを使い続ける天の邪鬼の邪推でしたw


スポンサーリンク
 


スポンサーリンク